つみき

保有物件数ナンバーワンの新日本エステート|予算に合わせて物件提供

都心に住宅を建設

ハウス

再開発地区がねらい目

関西地区に戸建てを建設する場合、すでに都心部は飽和状態になっていることが多く郊外に建設する人が多くなっています。一般的な収入を持っている人が戸建て住宅を土地付きで購入するとなると3000万円から4000万円程度が限界になります。そのため、大阪市で購入しようと思っても、なかなか戸建て住宅には手が出ないのが現状になっています。しかし大阪市の都市状態は人口の減少とともに変わりつつあります。土地の価格が急激に安くなったわけではありませんが、都市開発を行われる予定が多くなっているのです。都市開発は古くなった都市を再開発して新しい都市にする計画になります。大阪市も古くなった場所が多くなっているため、再開発の候補に挙がっている場所が多くなっているのです。駅の近くなども候補地になります。しかし都市開発にもビルなど商業施設を中心に行うものと広く一般的な戸建て住宅をメインとした住宅地にする二種類があります。前者のパターンでは、マンションなどが建設されるケースは想定できても、戸建て住宅を建設する余地はありません。しかし後者の再開発の場合では、戸建て住宅を分譲地などに分けることも想定するため、都心での戸建て住宅建設も可能になるのです。今の段階では、計画が多くなっているため、現実味はありませんが、少なくとも数年後には現実的に大阪市の都心部でも再開発が行われるようになります。今戸建てを購入することを検討しているのであれば、少し待つことがお勧めです。